Coexca はFoodex Japan 2018 において斬新的なワインで味付けした豚肉を出品して注目された。

2020年11月27日

ExpoCarnesと関連する会社は東京において新しいブランドCoexca Wine Aged Pork を出品し、アジア市場におけるチリの豚肉のシェア拡大を試みた。

ExpoCarnesと関連する会社は東京において新しいブランドCoexca Wine Aged Pork を出品し、アジア市場におけるチリの豚肉のシェア拡大を試みた。

アジア市場最大の食品エキスポである第43回International Foodex 2018 は日本で開催された。この会場においてExpoCarnes のメンバーであり、業界のブランドであるChilePork を世界に広めた先駆者であるCoexca はエキスポで最も魅力ある新しい製品の一つを出品した。それはCoexca Wine Aged Pork で、その名の通りワインをベースにした餌で肥育した豚肉で、それを特別なプロセスで熟成したものである。

イベントには駐日チリ大使グスタボ・アジャーレス氏、Coexca 総支配人ギジェルモ・ガルシア氏などの権威者が日本におけるCoexca Maxagro のスタッフ、Takahiro Ono y Yasuhiro Kubota
と共に出席した。

チリ大使が開催の辞を述べ、その中で非常に安定した貿易相手としてのチリの長所を強調したが、その後で日本調理人協会のシェフYoshiharu Furusho 氏が料理の名人芸を披露して観客の意表を突いた。

Coexca Wine Aged Pork の展示は出席者たちの間で興味を引き、特に大手の輸入業者は近日中にCoexca 社と提携したいという意思を表明した。

詳しい情報はCoexa参照のこと。

Compartir